フレシャスのウォーターサーバーを決める時に読みたいまとめ

フレシャスウォーターサーバーの水はRO水?天然水?

RO水と天然水の違いってなに?

 

お水は様々ですが、お水には大きく分けて2種類あります。

 

(1)RO水

雑菌など不純物やミネラル成分が入り混じった状態である原水を逆浸透膜(RO膜)でろ過した水。間違いなく「きれいな水」ですが、不純物とともにミネラル成分も取り除かれてしまいます。そこで、ろ過した後に人工的にミネラル分を添加する場合も多い。また、採水地も特定されていない。

 

(2)天然水

ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない、特定された水源で採水された地下水。採水後安全に飲めるように不純物などをろ過・加熱殺菌等で取り除く処理のみ行い、もともと含まれていたミネラル成分を残している。採水地は体に良い成分が含まれた水質の良い地域が選ばれている。

 

フレシャスのお水は3種類とも(2)天然水になります。

 

「天然水」にも
(A)ミネラル成分をほとんど含んでいない「ナチュラルウォーター」(B)ミネラル成分を人工的に添加するなどしている「ミネラルウォーター」があります。ですが、ウォーターサーバー各社で取り扱っている「天然水」のほとんどは、(C)厳選された採水地から汲み上げ、ミネラル成分を人工的に添加していない「ナチュラルミネラルウォーター」です。

 

フレシャスのお水は3種類とも(C)「ナチュラルミネラルウォーター」になります。

 

 

 

これらの分類は「農林水産省の品質表示ガイドライン」によって定められています。

 

「農林水産省の品質表示ガイドライン」による4分類

 

①ナチュラルウォーター
→特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの。

 

②ナチュラルミネラルウォーター(フレシャスの3種類のお水)
→地下水で、地中でミネラル成分が溶け込んだ地下水で、 沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしないもの。

 

③ミネラルウォーター
→地中でミネラル成分が溶け込んだ地下水ですが、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外に、複数原水を混合、品質安定の為のミネラル調整をしたもの。

 

④ボトルドウォーター
→①②③以外のもので、水道水など飲用可能な水。処理方法は限定していない。

 

ボトルドウォーター以外の①②③は、化学的な加工を行ってはならないことになっているので、①②③には防腐剤などの化学物質は含まれていません。

 

ちなみに、私がウォーターサーバーに知り合う前に購入していたお水は…「ボトルドウォーター」でした。

 

ドラッグストアやスーパーなどで売っているお水の裏面「品質表示」を御覧になってみるとわかります。

最後に

フレシャスウォーターサーバーの水はRO水?天然水?

フレシャスのウォーターサーバーはとても安全に利用する事ができ、私も数年利用させて頂いています。
注意したい点や、気を付けたい事などは全てわかって頂けたのではないかなぁと思います。
デザイン性は他のウォーターサーバーと比較をすると、ずば抜けていると思います。
最後になりましたが、下記のページでは定期的にキャンペーンなども行っているので、是非入会前にチェックしてみて下さい(*'U`*)

フレシャスウォーターサーバーの水はRO水?天然水?